【宿曜】胃宿を分析。クセが強いけど超パワフルで温厚な大将

【宿曜】胃宿の性格分析。

胃宿は、27宿中アクが1番強いと言われている宿。同じ胃宿でも男女で印象は結構違っていて、男性の場合は一癖ある感じ。女性の場合はパワフルで超肉食系、動物に例えるのなら、百獣の王ライオン。

胃宿には深い闇を感じることが多い。普段の豪快さ、パワフルさからはかけ離れた繊細な面を持っていて、考えすぎるせいでなおさら闇は深くなる。周りの人から見ると、なんで一番メンタル強そうな人が、そんな小さなことでメソメソ悩んでいるのだろうと感じるけど、本人は本気で悩んでる。

それで、周りの人たちが心配し始めるときには、本人はきれいさっぱり悩みから解放され、あっけらかんとしている。だから、よくわからない人という印象を与えるのかもしれない。

喜怒哀楽が大きすぎるから、悩むときはとことん悩んでしまって闇モードに入ってしまうのだろう。ただ、喜怒哀楽のスイッチが切れ変わるのが早いから、周りの人は振り回されがち。だから、クールな宿とは相性が悪く、同じようにノリの良い宿やおおらかな宿との相性が良い。

それに、自己主張は強いけど秘密主義で用心深いところも、よくわからない人と思われる原因。ナルシストな印象を与えてしまうほど自分のことばかり話すから、何かもっと突っ込んだ質問をしたほうがいいかなと思って質問してみると、「秘密♡」と言って教えてくれない。多分胃宿は、誰にも話さないその秘密の部分に、ロマンスを隠し持っているのだと思う。

胃宿との付き合い方は難しそうだけど、コツをつかめば仲良くなれる。それは、一線を引き喜怒哀楽に振り回されないようにしながら適度にリアクションをとることと、たくさん褒めること。褒めると胃宿は素直に喜んでくれる。

クセが強く周りの人を振り回す胃宿が、大将星で人から信頼される理由の一つは、根は温厚な性格であるから。この性格は羊宮に4足属している影響。羊宮は、温厚な人格者で忍耐強く、争いとは無縁の宮と言われている。さらに、義理人情に厚く、慈愛の精神に溢れている宮である。

それに、胃宿のアクが強い原因は、有り余ったエネルギーを消費するために、アクが強くなる方向に働いてしまうだけであって、人としてのいやらしさは感じない。

腹黒な言動が目立つけど、そうでもしないとエネルギーを消費しきれないから、自然にそうなってしまうだけ。だから、どこか人として憎めない。

そして、その溢れんばかりのエネルギーを自分自身でうまく扱えるようになった胃宿は、まさに実力者と言える。喜怒哀楽でエネルギーを消費することもなく、どのようなことでも冷静沈着・スマートに対応できるようになり、パワフルに仕事をこなせるようになった胃宿は無双状態。まさに大将星の呼び名にふさわしい存在になる。

しかし、そこまで到達するには、胃宿は少し生き方を変える必要がある。物質欲が非常に強いけど、精神的なものを少しでも追い求めるようになるだけで、変化があると思う。

胃宿に対するアドバイスで、「クリーンに生きろ」とよく言われているように、自分の欲を満たすためだけに生きるのではなく、誰かのためになることをしてみるといいのかも。

大将星の器を持っているのに、欲にまみれて人生を棒に振ってしまう胃宿が多いのは、もったいない。

一方、仕事を通して、誰かへの施しは結局自分に返ってくるということを体感した胃宿は、ありあまるエネルギーの矛先を仕事に向け、全力で仕事に取り組むようになる傾向があると感じている。

そしていつの間にかトップに立ち、金銭的な余裕ができることによって強い物欲も以前より満たすことができたおかげで、本人は満足している。

胃宿が精神的なことを追及することができないのなら、このように、誰かへの施しが、結局自分の物欲を満たすことにつながる可能性があると気が付くことが必要なのかもしれない。