【宿曜】角宿を分析。人生エンジョイする真面目でおちゃめな楽天家

【宿曜】角宿の性格分析。

角宿は、優等生タイプで万人受けする人気者。明るくてポジティブ、そして活動的。楽しいことが好きだから、ユーモアに溢れていて、「チャーミング」や「おちゃめ」という言葉がよく合う。

よくおもしろいことを言うけど、人を笑わせるために言っているのはなく、素で言っているだけ。それがなおさらおもしろくさせる。楽しく生きることをモットーとしているせいで、いつの間にか性格まで楽しくおもしろくなっちゃった感じ。27宿中1番人生を楽しんでそう

だけど、第一印象で与えるのは、やはり「まじめ」という印象。華やかさや存在感もある。角宿は、和善宿で女宮と秤宮に属しているためだろう。和善宿は、頭が良くて優しく穏やかな、みんなに愛される性格をしている。女宮は、内向的で警戒心が強いけど慈悲深い性格の人が多い宮。秤宮は、清廉潔白とした多才な優等生タイプで、人の善悪を見分ける力が備わっている人が多い宮。この3つの性質を持っている角宿は、腹黒さや陰湿さとは無縁だ。

だけど、正義感が強い分、自分の信念とは真逆の言動をする人に対して、嫌悪感を抱きやすい面がある。好き嫌いはとても激しい。それに、好き嫌いがすぐに態度に出てしまう。純粋な分、感情の隠し方を知らないのかも。角宿は基本、器がちっちゃめ。そういう部分を見ると、神経質な印象を周りに与え、「まじめ」だと言われてしまう。

角宿は、「まじめ」とよく言われる。「まじめ」という言葉は、最近では「おもしろみがない」とか「柔軟性がない」とかいやみのような使い方をされることが多い。だから、角宿は、嬉しく思っていないかもしれない。

でも、角宿に対する「まじめ」という印象は、基本的には「心が清い」という意味なので、褒めて言ってる人が多いと思う。また、フットワークが軽く、気軽に声をかけやすいような雰囲気もあり、交友関係も広い。

それに、角宿は頭が良く、多才だ。よく見るパターンとしては、中学生くらいまでは毎回テストで100点をとっていたり、学年でも一二を争うほど学力が高いグループにいたりする秀才タイプが多い。でも、高校生くらいになって興味の幅が広がってくると、好きなものを見つけ、そこに一直線にエネルギーを使い、勉強しなくなって成績ががた落ちする、というパターンが多い。

優先順位としては、やはり自分の好きなことをやるのが一番で、そこに注ぎ込むエネルギーは相当なもの。だから、勉強や仕事が大好きな角宿は、トップにまで上り詰める。角宿には実力者も多い。

角宿を見ていて、もったいないなと思うことは、角宿のユーモアに溢れるおもしろい面を隠す人がときどきいること。角宿は、楽しく生きることをモットーにしていても、仕事の責任感はちゃんと持っていて、仕事に対して真面目。だから、仕事に影響が出ないように、素を隠す人がいる。それか、仕事モードとプライベートモードでテンションを自動的に切り替えられるスイッチを持っているのかもしれない。とりあえず、テンションの差が激しい。

角宿の、人を引きつけるチャーミングな人柄は、大きな長所。その長所を隠している限り、永遠に「まじめ」と言われ続ける。仕事も堅苦しい仕事ではなく、素を出すことができ、そのキャラクター性を生かせるような仕事につくと良い。

一つ気がかりなのが、やはり好き嫌いが激しいこと。若いうちはそのままでもいいと思うけど、年を重ね、人の上に立つ立場になったときに、かなり扱いづらい人と思われてしまう。テンションの落差も激しいと、周りに気を遣わせてしまう。角宿は好きなことに一直線なので、周りの人の性格なんか気にならないくらい、一生懸命、脇目も振らずに突き進めばいいのかもしれない。

コメント

  1. 宮城 侑瑚 より:

    畢宿も載せてほしいです。
    たくさんの宿曜を見てきましたが、この占いはドキッとするほど当たってる。
    アドバイスもあるのでとても嬉しい。家族と仲良くするために活用中。